脱毛の産毛の問題

毛を剃るとかえって毛が濃くなってしまうという噂をチラホラ聞きます。 その理由は2つ考えることが出来ます。 毛って先端が細いことは多くの人たちが理解しているでしょうけど、沿った毛は、先端の細い部分を失い、太い部分だけ残ってしまうので、濃くなったような感じがしてしまうのです。

そして中には、間違った脱毛処理をおこなっているために、毛が2つに割れて生えて来てしまったり、 毛が皮膚の中に埋まってしまったりと言うことが毛が濃くなったと思われる原因だと言います。 つまり正しく脱毛処理をおこなえば、自宅でカミソリを使ってと言うのでも別に問題はありませんが、 最近では家庭用脱毛器も結構いいものが登場して来ているので注目をしてみてください。 もちろんカミソリと比較すれば料金は高め設定ですが、何百とカミソリを購入してストレスを溜め込んでいるよりは全然家庭用脱毛器の方がましなのではないでしょうか。

ただし目的の脱毛処理が産毛と言うことなら、ちょっと選択にも注意が必要です。 レーザー、フラッシュと言うことまでは理解出来ているかもしれませんが、サーミコン式と言うものが更にあります。 サーミコン式は、毛を焼いて切るという方法を採り、即効性を期待出来るものの持続性がありません。 レーザー治は産毛には適さないと言うことならば選択すべきものは、フラッシュ脱毛と言うことになります。 ここでは更に産毛に特化した脱毛処理の注意などについてお話しして行きます。